FranMuan布製品プロジェクト

FranMuan In Xonpao

FranMuanはラオスの国の花フランジパニ+ムアン(楽しい)を合わせた造語です。日本のFranMuanは多くの方にラオスを知っていただくためのブランドとして、LaosのFranMuanは障がい作業所ソンパオのメンバーが自分たちで発展させていくSHOPとして存在しています。ソンパオメンバーと一緒に様々な製品の開発にチャレンジしています。

例えば・・・



レンテン族シリーズ

レンテン族のお母さん達が手織り、手染めした生地を使用。

ミシンチームのPAちゃんがラオスでミシン掛けをしてくれています。

 

 


タイルー族シリーズ

 

 

タイルー族のお母さん達が織ってくれたダイナミックな織生地を使用。

ミシンチームのPAちゃんとスンタラーがラオスでミシン掛けをしてくれています。

 



 

タイルー族の生地を使った沖縄限定シリーズ

タイルー族の生地を沖縄の高校生の子たちがデザインを考えてくれてポーチに仕上げました。

那覇空港の Dear Okinawa, さんで限定販売しています。

https://dearokinawa.com/

 



 

タリアン族シリーズ

 

 

2018年にダムの決壊事故の被害にあったアッタプー県のタリアン族のお母さん達が織った手織り生地を

ソンパオのミシンチームがブックカバーやティッシュボックスケースに仕上げています。

 

 



ラオスの首都、ビエンチャンのカフェで購入できます!

 

ビエンチャンのカフェ「SIHOM CAFE」内に

FranMuanの販売スペースをOPENしています。

障がい作業所ソンパオで作った製品を中心に並べていますので、

ラオスにご旅行の際は是非お立ち寄りください。

ラオス土産にお勧めです!

 

 

 

https://ja-jp.facebook.com/pages/category/Restaurant/Sihom-Cafe-725337807672460/