制服プロジェクト

制服づくりで自立支援プロジェクト

ラオス・カム族&障がい者センターで2ndステップとして「小学校の制服づくり」を教えています。ラオスの小学校では、女の子はシン(巻きスカート)とブラウス、男の子はパンツとブラウスで登校します。NPO法人国際学校建設支援協会はラオスの学校が不足している・老朽化している校舎の支援を行っており、その支援校では10~20%の子どもたちが制服を着ていません。制服は実費で購入するため、現金収入のない家庭では買うことができないのです。そこで、日本の皆様に頂いた制服支援金でカム族&障がい者センターに制服のオーダーを出して作り、制服を配布するプロジェクトをスタートしました!どうぞ宜しくお願いいたします。

完成した制服の第一弾は2017年10月中旬に、各学校へ届けました!


制服づくり応援Tシャツ!販売して頂きました。

■ラオスで実施している制服プロジェクト(制服を購入できない家庭に制服を配布・カム族の女性達への制服づくりのトレーニングとオーダーをSWHがサポートしています)を応援するチャリティTシャツ・パーカー・トートバック等が10月16日~22日までJAMMINさんのサイトで販売されました!1着販売につき700円が制服PJに寄付される仕組みになっています。有難うございました。

 

発展途上国の子どもたちへの教育支援を通じて、関わった人たちが成長できる場を作る〜国際学校建設支援協会(ISSC)